給湯器の相場を計算

給湯器の交換・工事にかかる費用の相場とは

給湯器が壊れたときに一番気になるのは、やはり給湯器の交換や工事にかかる費用・コストではないでしょうか?
実際に価格を調べた方であれば、「え、こんなに高いの?」「もっと安く交換する方法はないの?」と考える人も多いと思います。

結論から申し上げると、給湯器の交換といってもメーカーや販売業者によって大きく値段が異なります。
ここでは給湯器の交換や工事に必要な費用と金額の相場をご紹介します。

記事を書いた本人が言うのもなんなんですが、自分で価格を色々調べるよりも一度無料見積りを給湯器業者に依頼するのが一番早くておすすめです(笑)
現場点検なしに、電話で概算見積りを出してくれる業者もあります。

<見積り無料のオススメ業者はこちら>
▶関東&福岡地域:LINEでも問い合わせできる【給湯器直販センター】
▶関西地域:CMもやっている【正直屋】
▶その他地域:その他の地域の方はコチラ

給湯器直販センター

★結論★(急いでいる方はここを読むだけでOK)

【暖房機能が無いタイプの価格】
※20号、2人〜4人家族用の給湯器の場合です

  • 給湯器+リモコン(追焚なし):5~12万円
  • 給湯器+リモコン(追焚あり、エコジョーズ)オート:7~24万円
  • 給湯器+リモコン(追焚あり、エコジョーズ)フルオート:10~27万円

【暖房機能があるタイプの価格】
※20号、2人〜4人家族用の給湯器の場合です

  • 給湯器+リモコン(追焚なし):10〜15万円
  • 給湯器+リモコン(追焚あり、エコジョーズ)オート:14~20万円
  • 給湯器+リモコン(追焚あり、エコジョーズ)フルオート:15~24万円

上記は給湯器とリモコンのみの値段です。この値段に加えて3~4万円前後の工事費がかかります。

もう少し詳しく知りたいという方は、下記の内容をぜひご確認ください。

給湯器本体の価格の相場は?

お金の計算
画像出典:東京ガス 「ウチコト」

まず最初に調べるのが給湯器本体の仕様と価格ではないでしょうか。
給湯器といってもメーカーやタイプがたくさんあります。

  • 一分間に何リットルの給湯能力があるか
  • 効率よくお湯を沸かすエコジョーズ等の省エネ性の高い物にするか
  • お風呂の追い焚きや足し湯の機能を付けるか
  • 暖房機能はどうするか

などの仕様の違いで価格が大きく異なります。

メーカー小売価格(定価)の参考

新しい給湯器
暖房機能が無いタイプ(20号、2人〜4人用)

  • 給湯器+リモコン(追焚なし):17~21万円
  • 給湯器+リモコン(追焚あり、エコジョーズ)オート:32~37万円
  • 給湯器+リモコン(追焚あり、エコジョーズ)フルオート:36~40万円

暖房機能があるタイプ(20号、2人〜4人用)

  • 給湯器+リモコン(追焚なし):33~35万円
  • 給湯器+リモコン(追焚あり、エコジョーズ)オート:41〜43万円
  • 給湯器+リモコン(追焚あり、エコジョーズ)フルオート:44万~45万円

当然ですが機能が充実すればその分金額も高くなります。
ただ、これはメーカー小売価格。
つまり定価なのでほとんどの業者はこの値段から割引をしてくれます。

割引後の相場はいくら?

節約を気にする主婦
ではどのくらいの割引が相場なのでしょうか。

依頼する業者によっても異なりますが、リンナイ、ノーリツなどの給湯器メーカーに依頼する場合は、一般の給湯器販売業者よりも割引が少ないケースがほとんどです。

反対に給湯器の販売業者はと言うと、リンナイやノーリツ等の一般的な給湯器の場合3~6割程度、給湯器のタイプによっては8割近く割引してくれる場合が多いので費用を抑えたい方にはおすすめです。

割引後の参考価格

給湯器の写真
暖房機能が無いタイプ(20号、2人〜4人用)

  • 給湯器+リモコン(追焚なし):5~12万円
  • 給湯器+リモコン(追焚あり、エコジョーズ)オート:7~24万円
  • 給湯器+リモコン(追焚あり、エコジョーズ)フルオート:10~27万円

暖房機能があるタイプ(20号、2人〜4人用)

  • 給湯器+リモコン(追焚なし):10〜15万円
  • 給湯器+リモコン(追焚あり、エコジョーズ)オート:14~20万円
  • 給湯器+リモコン(追焚あり、エコジョーズ)フルオート:15~24万円

同じ給湯器でも依頼する業者や給湯器のタイプによって割引後の金額にかなりの幅があります。
同じ給湯器でも数万円も金額の差が出るとなると、業者選びは慎重に複数見積もりを取り検討した方が良いと思います。

給湯器の号数について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
3分でわかる!給湯器の号数の選び方

給湯器直販センター

給湯器本体以外にかかる取付工事費の内訳と相場について

給湯器の取り付け工事

給湯器の購入以外に必要なのが取付工事費です。
標準工事(給湯器を同タイプから同タイプへ、配管や風呂釜の位置も変更なしで結び替えのみ)の場合、給湯器メーカーも一般的な給湯器販売業者もほとんど変わらず3~4万円前後です。

工事費の合計だけ見ると意外と高いという印象を持たれるかもしれませんが、内訳を見ると納得の金額だという事が分かると思います。

取付工事費の内訳の例

見積書

  • 取付工事費
  • 吸水結び替費
  • 給湯結び替費
  • リモコン結替費
  • ガス結替費
  • 出張費
  • 廃材廃棄費
  • 点火試験費

などになります。

標準工事費の中に10年保証が入っている場合もありますし、業者によっては別途あんしん保証の加入が必要な場合もあります。
見積もりを取るときに必ず確認しておきましょう。

また、老朽化による配管交換や給湯の場所変え等、別途諸費用が必要な場合もあります。
本体価格だけでなく工事費用にもしっかり注目しましょう。

見積り依頼時の注意点

注意点
「単純に安いお店だと、アフターサービスが何もなし」
「安い店は、あとで別途費用が取られる」
と思うかもしれません。

ただし、これは全てが真実とは限りません。
その辺りもしっかり調べましょう。

業者に「見積もり」を出してもらう際には、最低限、次の4つは聞きましょう。

  1. 給湯器自体の定価がいくらか
  2. 工事費がいくらか
  3. 出張費の有無
  4. 割引価格はどれくらいか

→割引額が90%などと安すぎる場合は、逆にご注意を!!

いくつかの業者で見積りを取れば、大体の費用がわかるはずです。
値段が高いだけで工事は適当、アフターサービスも何もなし、という店もあります。
そういったお店は電話対応が雑だったりと、注意すれば分かる部分もあるかと思います。

見積もりをお願いする際、値段がある程度安く、応対が丁寧で親切、細かに説明してくれるお店が安心できますね。
スタッフの対応の良さは、アフターサービスを受ける際に大きく関わってくるのでしっかり見ておいた方が良さそうです。

業者ごとに値段が大きく変わる理由は?

給湯器の業者
お店ごとに、値段が大きく異なる理由は、様々あります。
その中でも、給湯器の仕入れ価格があります。

小さな工務店ですと、どうしても値段を高く設定せざるを得ないのが現状です。
しかし、規模が多い業者ですと、メーカーの販売価格に縛られず安く売ることができます。

規模の大きい業者、つまり、施工実績が多い業者は、毎月小さな工務店の何十倍も仕事を受注しているわけですから、給湯器メーカーから大量に、さらに安くダイレクトに仕入れることが可能になっています。

要は、施工実績が多い業者は価格もおさえやすいということになります。
これらからわかることとして、単純に「安いのは不安」「高いから安心」とは言えません。

給湯器の交換するならどこの業者がおすすめ?

下記の業者は給湯器の本体価格もメーカーなどの定価に比べて半額以下の料金で販売していたり、工事費用も一般的な業者よりも安く、実績があるため安心できる業者だと思います。
業者によって対応エリアが異なるので、ご自宅がある地域にあった業者を選択していただければと思います。

関東、福岡地域の方なら、安さとスピードがウリの【給湯器直販センター】がおすすめ
給湯器直販センター
給湯器直販センターの詳細・口コミはこちら

関西地域の方なら、CMもやっている【正直屋】
正直屋
その他の地域の方はこちら

まとめ

給湯器は交換するのに工事費も含めると最低でも10万円以上する高額な商品です。
お願いする業者によって金額にかなりの差がでるとなると、本体価格だけでなく工事費用も含めて複数見積もりを取った方が賢明です。

また値段だけ安くても、電話問い合わせの時と実際の対応が全然違ったり、安いだけでアフターがしっかりしておらず故障しても親身になってくれなかったり、急いでいるのに説明もなくなかなか工事に来なかったり、本末転倒になっては後から大変です。

毎日使う物だからこそしっかり業者を見極めて長くお付き合いできる業者を選びたいものですね。
給湯器直販センター

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

「あれ、お湯が出ない」給湯器業者を呼ぶ前にチェックしたい原因まとめ
給湯器交換する時は、ガス会社、メーカー、給湯器業者どこに頼めばいいの?
給湯器交換を実施した人の実際の声、費用感を大公開!

業者へ問い合わせをしている画像

給湯器業者の選び方でココだけは抑えておきたい5つのポイント

給湯器が壊れてしまった時は、自分で直そうとせず、業者に連絡するのが一番です。
電子レンジが壊れたら、自分で直そうとはあんまり考えないですよね(笑)

ただ、いざ修理や交換が必要になるとパニックになってしまい、「誰に頼めばいいの!?」と動揺したり、何が原因か分からずイライラしてしまうことも多いと思います。

そこで今回の記事では、「これだけは知っておきたい!」という「給湯器業者選びのポイント」を5つ紹介します。

給湯器業者の総合ランキング

人によって、また状況によって重視するポイントは違うと思いますが、参考にしてみてください。

給湯器業者選びの5つのポイント

人によって、また状況によって重視するポイントは違うと思いますが、参考にしてみてください。

1、スピード

給湯器は毎日使うものですので、故障したらいますぐでも修理・交換してもらえる方が嬉しいですよね。
業者によって対応スピードが異なります。

対応スピードが業者によって異なる理由はいくつかあります。

例えば、24時間365日休まず対応してくれる業者と、そうでない業者をくらべると
だれでも分かることですが、対応スピードは変わってきますよね?
24時間対応の業者であれば、夜にお湯のトラブルが起こったときでもすぐに相談でき、
現場へすぐに来てもらったり、なんてことも可能です。

また、お湯のトラブルは夜お風呂に入ったりする際に起こることが多いので、
24時間対応は本当に重要なポイントだと思います。

その他にも、スタッフが十分な数いるかどうかで対応スピードは変わってきます。
スタッフが少ないと、修理・交換の工事の予約はしたものの工事人が少ないため
実際にお湯が出るのは1週間後というケースもあります。

「1週間もかかるのか〜でも、仕方ないか」と諦めずに
もっと早くやってくれる業者はないのかと探してみることをオススメします。

お湯が1日使えないとなるだけでもとっても不便なことだと思いますので、
対応スピードは重視された方が良いと思います。

対応スピードに自身がある業者だと、スタッフが対応エリアを常に巡回しており、
お客様から連絡が入るとすぐさまお客様の自宅に近いスタッフに連絡がいき、
現場へ急行するというネットワークを敷いているところまであります。

すごい世の中ですよね…
関東だと最短60分で現場へ急行し、工事をはじめてくれる業者もあるので、
いろいろ調べてみるといいと思います。

施工実績が豊富な業者の詳細と口コミはこちらです。

2、実績

信頼できる業者は、たくさんの工事を受注しているものです。
過去の受注件数や、「お客様の声」にも注目してみましょう!

業者によって、累計5,000件や、年間3,000件など表記はまちまちです。
個人的な意見ですが、年間5,000件以上の実績があると安心ですね。

累計◯◯件と掲載しているところであれば、会社がどれくらい長く続いているかを
会社概要などで調べて、その年数で割ると大体の件数が出てくると思います。

※施工件数が少ない業者は、敢えて件数については言ってないケースもあります。

対応スピードが早いと言われている業者の詳細と口コミはこちらです。

3、価格

工事だって給湯器だって、安いほうが嬉しいに決まってますよね。
ですが、価格だけで選ぶと後で後悔することがあります。

というのも、給湯器の修理や交換というのは、部品を買ったり、
給湯器本体を買って終わりではないからです。

給湯器の修理・交換や設置には有資格者による工事が必須になります。

安さを優先することはもちろん悪いことではありませんが、
それ以上に給湯器は長く使うものですから、
しっかりした業者に頼んで工事後に不備がないようにするのが重要です。

ちなみに、給湯器の寿命は7年〜10年くらいと一般的に言われています。

価格の低さだけで業者を選ぶと……

  • 工事費用が高かった
  • 交換までに2週間かかった
  • アフターフォローが悪く、工事直後の故障に対応してくれなかった

なんていう事例もあります。

安い買い物ではないので、業者選びは慎重にすすめましょう。

給湯器の価格が安いと言われている業者の詳細と口コミはこちらです。

4、在庫量

在庫量が重要な理由は一番最初に紹介したポイントのスピードに関わってきます。

給湯器を自社で保有していない場合、
給湯器をメーカーから取り寄せるまでにどうしても時間が掛かってしまいます。

取り寄せる時間がかかるということは、それだけお湯が使えない期間が伸びるという
ことに直結します。

在庫を抱えているとその分、価格が高いのではないか?と思われる方もいらっしゃると思います。

【在庫を全く持たない業者】と【在庫を抱えている業者】を
単純に給湯器の価格だけで比較すると前者の方が安いことはあります。

ですが、その分、対応スピードがまったくかわります。
また、そこまで大きな金額の差はでないと言われています。

なぜなら、在庫を持っているということは、
持っていてもすぐにさばける自信があるからです。

在庫を持たないほうがいいなら、
どの業者もわざわざ自社倉庫なんてもたないですよね(笑)

在庫量が豊富な業者の詳細と口コミはこちらです。

5、アフターフォロー・保証

工事直後にトラブルというのは、ちゃんとした業者であればほとんどありません。
ですが、ゼロではないことは確かです。

なんでも、当たりハズレがあるように、
給湯器でも工事直後に不具合がでることはあるでしょう。

そんな時に、しっかり工事後も対応してくれる業者を選びたいですよね。
交換したら知らん顔な業者を選ぶと、ちょっとしたトラブルでも
また新しく業者を探すなんてことになりかねません。

給湯器の修理・交換時には、工事後のアフターフォローサービスについても
比較検討のポイントにぜひ入れておいてください。

修理・交換後も無料でチェックしますよ〜!という親切な業者もいるので、
そういうアフターフォローサービスにも手を抜かずに取り組んでいる業者が
良いのではないかと思います。

保証などにも入っておくのもおすすめです。

アフターフォローがしっかりしている業者の詳細と口コミはこちらです。

まとめ

今回は給湯器業者選びの時に大切な5つのポイントを紹介しました。

人それぞれ重視するポイントは違うと思いますが、
どれも疎かにすると後で公開するポイントですので、
妥協せずに業者を選んで頂ければと思います。

給湯器の業者の口コミやそれぞれの特徴をまとめたページもありますので、
もし関東で業者の比較をしたい方は参考にしていただければと思います。
給湯器業者の総合ランキング